□職業選択の幅が広がる

近年私たちの生活は非常に便利になりました。スマホで買い物をしたり、自動運転や自動ブレーキが搭載された車が登場したり、世界中の人たちとつながったり、10数年前では考えもつかなかったことが便利に安くできるようになりました。その背景には様々な情報を制御しているプログラムが組んであるわけですが、まだまだその技術者が少ないのが現状です。プログラミングスキルを身につけることで、お子様の職業選択の幅が大きく拡がります。

□時間と場所を選ばなくても仕事ができる!

ITスキルを身につけることにより、パソコンが1つあれば世界中どこにいても仕事ができるようになります。これまでのような都会だけに情報や人材が集中するのではなく、地方にいても都会にいても同じように仕事をすることができます。さらには、世界中どこにいても時差があっても仕事をすることができます。つまり自分のペースで豊かな生活を送ることができるのです。

□業種に関係なく必要なスキルになる!

飲食業、小売業、製造業、サービス業等のどの業種でも、必ず仕事の効率を上げるためにシステムがあります。それぞれの業界で使用しているシステムは全てプログラムで制御されているため、今の子供達が社会に出る頃には、今の大人がワード・エクセルを使う感覚で、プログラミングスキルが必要とされる時代になります。

□論理的思考力を鍛える!

日常生活でも仕事でも何かしらのトラブルが起こるものです。その時に、なぜそのような問題が起こったのか、何が原因でトラブルが起こってしまったのかを究明することが必要になります。プログラミングの授業では、課題を解決するために起こった事象を一つひとつ検証して進めていくことを行なうので、論理的思考力を鍛えることが出来ます。

将来IT関係の仕事を目指していない子であっても、これから大人になり生きていくために必要な力だと考えます。


プログラミング教室の特徴

【パソコンを使って学びます】

一般的な小学生向けのプログラミング教室は、タブレットを使って学ぶものが多く存在しますが、当プログラミング教室はパソコンを使って学びます。

 

近年、スマートフォンやタブレットの普及により、大学生でもレポートをスマートフォンやタブレットの音声認識機能で作っているほど、学生たちのパソコン離れが進んでいます。

一方で、就職するとパソコンのキーボードを操作して、様々なアプリケーションを使いこなす力が要求されます。

文部省が提唱している生きる力(ビジネススキル)を自然に身につけさせるため、小学生のうちからパソコンに慣れ親しむことは大切だと考えます。

【動画授業がメインで、South塾の先生がフォロー】

YouTubeの普及により、動画から様々な情報を入手することができます。それは子どもたちにとっても身近なもので、幼いうちからタブレットやスマホを使いこなし、見たい動画を自由に検索したり、くり返し聞き直したかったら巻き戻したりと自分たちで勝手に操作しています。そういったことから、プログラミングの授業も自分のペースで学習できるように動画で学習できるようになっています。

動画をみてもわからないところなどは、South塾の先生がサポートします。動画で学ぶということは、企業研修などもイーラーニングを取り入れられてきている現代社会において、これからの子どもたちに必要なスキルだと考えています。

【子どもたちに大人気の『マインクラフト®』を使って学びます】

多くの小学生が知っているマインクラフト®を使って、カリキュラムが組まれています。マインクラフト®は大草原に、ブロックを組んで自分たちの街を作り上げるゲームとして人気ですが、当教室のカリキュラムは、独自で作った「ワールド」とよばれる世界をオリジナルで構築し、そのワールドを子供たちがプログラミングを学びながら探検をするストーリーになっていますので、飽きることなく楽しみながら学ぶことができます。

マインクラフト®は世界でも教育的用途として使えると注目されている教材で、プログラミングを学習するだけではなく、あるところでは、“問題解決能力を身につける”や“協調性を養う”教育などにも有効だと、「マインクラフト®」を独自に教育に導入する例も増えてきています。スウェーデンの学校では必修科目に「マインクラフト®」を採用する動きもあり、世界40ヵ国7000の学校のクラスで使用されているそうです。

South塾のプログラミング教室は小学生コースの一部となっています。

≫費用・時間割等はこちら

※指導の質を確保するため、少人数の受け入れとさせて頂きます